10万円以下のゲーミングノートPCからおすすめを比較。「ドスパラ」「マウスコンピューター」「パソコン工房」

今回は、初めてのゲーミングパソコンや、子ども用ゲームパソコンといった用途にも最適な10万円で買えるゲーミングノートパソコンについて見ていきます。

なお、おすすめな機種は

ドスパラ
Intel Core i5-10300H / 16GB DDR4 SO-DIMM / 500GB NVMe SSD / HDD 無し / 15.6 インチ 非光沢ワイド LEDバックライト液晶(1920×1080ドット表示) / NVIDIA GeForce GTX 1650Ti GDDR6 4GB + インテル UHDグラフィックス / 約2.1kg
ドスパラだとこちら。
税別でぎりぎり10万円
CPUに Core i7、GeForce GTX 1650を搭載しています。

マウスコンピューター
intel Core i5-9400 / 16GB PC4-19200 / 256GB M.2 SSD(SATA) / 15.6型 フルHDノングレア(1,920×1,080) / GeForce GTX 1650 / IEEE802.11 ac/a/b/g/n (最大433Mbps) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約 2.4kg
マウスコンピューターだと、こちら。
税別11万円以下と少し予算オーバーです。
しかし、デスクトップ用CPUを搭載しているのは良いですね。

マウスコンピューターでは、
☑安心の国内生産
☑24時間365日の電話サポート
とパソコンってよくわからないし不安という人でも大丈夫ですね。

と、お急ぎの方向けに書きましたが、
いくつか選ぶポイントも説明しながら詳しく見ていきたいと思います。

国内のゲーミングノートPCを販売するBTOメーカー

パソコンでも高額な部類に入るゲーミング(ゲーム用)パソコン。
そんなゲーミングパソコンを10万円以内で購入できるか?
気になりますよね?

実際、ゲーミングパソコンの売れ筋は、
デスクトップで10万円~15万円というのが相場ですし。
ノートPCだとそれより高価になります。

今回は、そのBTOメーカーでも有名な3社
ドスパラ
ゲームパソコンブランド 「G-Tune」 TOP
パソコン工房
で見ていきたいと思います。

その他製品について、どういったものがあるかは、これから見ていきます。

10万円以下で購入できるゲーミングパソコンの選び方

最初に基準を明記しておくと下記のとおり。
CPUについては、Core i5以上
メモリについては、8GB以上
グラフィックスは、GeForce GTX 1650以上

今回は予算が10万円となりますので、CPUとメモリはあまり贅沢が言えません。

ドスパラで「GeForce GTX 1650」を搭載したノートPC

ドスパラからは2機種。

GALLERIA GCL1650TGF ガレリア GCL1650TGF

ドスパラ
Intel Core i5-10300H / 16GB DDR4 SO-DIMM / 500GB NVMe SSD / HDD 無し / 15.6 インチ 非光沢ワイド LEDバックライト液晶(1920×1080ドット表示) / NVIDIA GeForce GTX 1650Ti GDDR6 4GB + インテル UHDグラフィックス / 約2.1kg

最新の第10世代のIntel Core i5とGeForce GTX 1650 Tiを搭載したモデル。
重量は、2.1kgと標準的な重量ですが、持ち運ぶとなるちょっと辛いところです。
ディスク容量はNVMe M.2 SSDで500GBとなっており初めてのPCとしては十分な性能です。

GALLERIA GCR1650GF7 ガレリア GCR1650GF7

ドスパラ
intel Core i7-9750H / 8GB DDR4 SO-DIMM / 500GB NVMe SSD / HDD 無し / GeForce GTX 1650 4GB / 15.6 インチ 非光沢ワイド LEDバックライト液晶(1920×1080ドット表示)

こちらは、現在在庫切れ。
このまま、CPUが第10世代へ変更となったモデルへ変更となりそうです。

マウスコンピューターで「GeForce GTX 1650」を搭載したノートPC

マウスコンピューターでは、該当なしとなります。
プラス1万円で1機種該当するので、参考までにご紹介。

G-Tune P5-D

マウスコンピューター
intel Core i5-9400 / 16GB PC4-19200 / 256GB M.2 SSD(SATA) / 15.6型 フルHDノングレア(1,920×1,080) / GeForce GTX 1650 / IEEE802.11 ac/a/b/g/n (最大433Mbps) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約 2.4kg

こちらは、ノートPCでありながらデスクトップ用CPUを搭載したモデル。
デスクトップ用CPUはノート用CPUと比較すると、ノート用Intel Core i7とデスクトップ用Intel Core i5が同等となります。
デスクトップ用CPUを搭載したモデルは、さらに上のCore i7が選択できるが大きなメリットです。

パソコン工房で「GTX 1650」を搭載したノートPC

パソコン工房でも10万円以下のゲーミングノートPCはありませんでした。
マウスコンピューター同様1万円追加すると1機種ありますので、そちらを参考で紹介。

LEVEL-15FX064-i7-RFSS [Windows 10 Home]

パソコン工房
Windows 10 Home 64ビット / Core i7-9750H / DDR4-2666 S.O.DIMM (PC4-21300) 8GB(4GB×2) / 240GB Serial-ATA SSD / 光学ドライブ非搭載 / GeForce GTX 1650 4GB GDDR5 / 15.6型(非光沢カラー液晶) フルHD(1920×1080ドット) / 約2.1kg(※バッテリー含む)

こちらは、メモリ8GBとなっており、ぎりぎりです。
長く使いたいと思うと、もう少しメモリと記憶装置の容量が欲しいところです。

最後に

見てきましたが、価格で勝負するとドスパラはどうしても外せないモデルとなります。

ドスパラ
Intel Core i5-10300H / 16GB DDR4 SO-DIMM / 500GB NVMe SSD / HDD 無し / 15.6 インチ 非光沢ワイド LEDバックライト液晶(1920×1080ドット表示) / NVIDIA GeForce GTX 1650Ti GDDR6 4GB + インテル UHDグラフィックス / 約2.1kg

価格から見ると、こちらが最もバランスが良いですね。
はじめてのゲーミングノートPCを探している方にはぜひ検討しておいていただきたいモデルです。

比較対象としては、やはりマウスコンピューター。

マウスコンピューター
intel Core i5-9400 / 16GB PC4-19200 / 256GB M.2 SSD(SATA) / 15.6型 フルHDノングレア(1,920×1,080) / GeForce GTX 1650 / IEEE802.11 ac/a/b/g/n (最大433Mbps) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約 2.4kg

デスクトップCPUを採用しているのは、良いですね。
また、サポートも手厚いので不安があるならこちらでも良いでしょう。

ではでは。

※なお、構成および価格等については記載時の内容であり、予告なく変更される場合があります。

© 2020 ゲーミングノートPCのすすめ|人気ランキングとメーカーの比較とおすすめを紹介